節約とクレジットカード

景気が良くなっているということも度々ニュースで取り上げられますが、その効果は未だ全ての家庭に顕著に現れるほどではありません。消費税増税や電気料金の値上がりなどによって、家計が厳しくなっている方は少なくないでしょう。そのような状況を背景に、節約について検討し始めた方も沢山いると思います。そこで今回は節約とクレジットカードについて考えたいと思います。

クレジットカードを活用するとポイント還元を受けることができます。溜まったポイントは各種商品の他に、商品券やクレジットカード利用の支払い額の値引きという形で受けられる場合もあります。溜まったポイントをどのように利用できるかはそれぞれのカードによって異なっています。また同時に商品券や支払い額の値引きと言う現金に類した形の還元を受ける場合は、いくら使ったときにいくら分返ってくるかといういわゆるポイント還元率が気になるところではありますが、これもクレジットカードごとによって様々な状態です。具体的に還元率は0.5%~2%など幅広く存在しています。

節約のためにクレジットカードを利用するとなると、還元率の高いカードを選べばよいと一見考えられがちですが、それはそうとも言い切れません。還元率が高いカードはそれだけカードのサービスが良いということなので、年会費が発生する場合も少なくないからです。あまり利用しないのに年会費が発生しているカードを保有していると還元を受けるどころか赤字になってしまいます。そのため節約のためにクレジットカードを利用する上では、自分が月そして年間にいくらクレジットカードを利用しているかを前提において、クレジットカードを選んでいくことが重要なのです。利用額全体が少なくポイント還元で受けられる恩恵よりも年会費が高い場合には、年会費無料のカードを選ぶのが良いかもしれません。一方で利用額全体が高く、ポイント還元で受けられる恩恵が年会費を遥かに上回っている場合においては、有料のカードでも節約に生きてくるのです。自分の利用状況に合わせたカード選びが重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ